MemoRandum

ゲーム / エンタメ / 自由業

【クラロワ】世界一の初手ゴレ、世界一のタワー捨て

みかん坊やさんのゴーレム動画やばすぎるんだが?

みかん坊やさんの初手ゴレの見解

少し前に論争になった初手ゴレについて動画内で見解を述べておられました。簡単にまとめると

  • 初手ゴレ運ゲーと言うけど、クラロワ自体が運ゲーで、初手ホグの対応が渋かったりなど、運ゲーはどのデッキにも言えること
  • ただゴーレムは白黒ハッキリつきやすいので、それがより強く感じられるだけ
  • やってることは初手エリポンとあんまり変わらない。どうでも良い
  • ゴーレムの捨てには理由がある。初手ゴレの捨てはやべえ

という感じでした。

過去記事で初手ゴレの私見をつらつらと述べた際には、初手ゴレは普通に強い戦術だという論調で書きましたし、動画内ではみかんさんも初手ゴレを考えている場面はありましたが、おそらくみかんさんは、手札が揃えば初手ゴレ安定というほど強い戦術だとは考えていないような気がしました。

元々議論されていたのは、「エリクサーが10たまった瞬間に出してくる開幕初手ゴレで勝てるのやばい」的な話だったのですが、やはり有効な初手ゴレをするには、相手の初手を待った方が色々と有効な気がします。

ゴーレムで逆サイドを捨てると面白いことが起こる

動画内でみかんさんが何度かタワーを捨てて形を作っているシーンがあるのですが、非常に面白い現象が起きていました。

相手の攻めを許容しつつ形を作ることで、プリンセスタワーを折りつつキングタワーも折れる形が作れます。

すると相手は守らなければならないのですが、なんと相手が守ってるうちにゴレが攻めを継続できてしまうんですね。

タワーを捨てて作った攻めの形は、相手のコストが少ないので非常に止めにくいです。綺麗に処理するにはインドラなどのコスパの良い防衛カードを使わざるを得なく、そこを綺麗に処理して攻めの形を維持することができれば、1度で2回分の攻めができてしまいます。

1つタワーを折られても2つタワーが折れれば勝てるという、まさに肉を切らせて骨を断つな戦法ですね。ゴーレムの動画は何度も拝見したことはありましたが、みかん坊やさんのデッキ回しが綺麗すぎて、ここまでハッキリ捨ての強みが分かることは今までありませんでした。

みかん坊やさんというと高回転のイメージが強いですけど、自身でも自信がある(爆笑ギャグ)と仰られているように、実はかなり他のゴレ使いと比べてもレベルの高いゴレ使いなのではないかと思えました。

さすがとしか言いようがありません。MIKAN is GOD.