MemoRandum

ゲーム / エンタメ / 自由業

【クラロワ】衝撃の事実発覚で思わず削除したくなる記事を書いてしまった……

クラロワリーグアジアのRolaporon対JACKの試合を見て、JACK選手は得意デッキを投入して、Rolaporon選手はJACK選手の得意デッキもカバーしたデッキ選択で見事勝利した……という感じのこちらの記事を書いたのが昨日です。

qqo.randumemo.com

そしてRolaporon選手がその時のデッキ選択の裏側を語る動画を投稿していたのを発見したのが今日です。

youtu.be

昨日書いた記事を見ながらこの動画を振り返ってみると、ドヤ顔で語っていたのが恥ずかしすぎて記事を削除したくなるくらいでしたが、せっかく当人が感想戦をしてくれているので見ていきたいと思います。

2.6ホグは予測してなかった!?しかも圧倒的有利相性ではない?

Rolaporon選手は2.6ホグをメタってラヴァクローンデッキを投入したわけではなかったようです。

KK選手の2.6ホグとの練習試合では負けていたということから、「マッチングの時点で勝利」と言うほどの有利相性では無かったようです。

これだけ2.6が警戒されている状態で、2.6は出してこないだろうというのがRolaporon選手の読みだったみたいですが、それでもKK選手の2.6ホグで練習を積んでいたあたり、もしJACK選手の2.6ホグとぶつかってしまっても勝てるだけの準備はしていたみたいですが。

クラロワリーグ最短の試合となったのには、初動の噛み合い方が非常に良かったのが原因ということで、2.6ホグというデッキの繊細さとラヴァクロというゲームを破壊する暴力性がスペシャルマッチしてしまった結果ということみたいでした。

感想戦動画を出してくれるのは嬉しいね

今年のクラロワリーグアジアは、各プロチームが大会を振り返る動画を投稿したりしていて、注目された試合の裏側が垣間見えるのが非常に面白いですね。実際に対戦している選手にしか分からない駆け引きや思惑が分かるので、今後もどんどん出していって欲しいですね。