MemoRandum

ゲーム / エンタメ / 自由業

仮面ライダーWを見てたら、8話目で突然謎回が始まった

第1話「Wの検索/探偵は二人で一人」

プライムビデオで仮面ライダーW(ダブル)を見ていました。Amazonのプライムビデオは何故か特撮作品が充実していて、 仮面ライダーアマゾンズというオリジナル作品まであったりします。いきなり脱線しましたが大好きな作品なので特撮好きは是非。

仮面ライダーダブルは2人で1人の仮面ライダーになるという奇抜な設定でありつつも、原点回帰を意識した仮面ライダーだそうです。

かなり評判の良い作品だったので見たいと思っていたのですが、実際のところ普通に面白いです。

まだ8話しか見ていませんが、ギャグが面白いんですよね。作品全体のギャグセンスが好きです。でもギャグ一辺倒ではなくて、仮面ライダーとしての格好良さもちゃんとあります。主人公たちはイケメンですし、ヒロインの方もかわいいですし、画的にも飽きることなく見られる作品です。

そんな感じで楽しんでみていたのですが、第8話目があまりにも謎回すぎたので記事にしたいと思います。

踊り始めた仮面ライダー(ネタバレ有り)

7話、8話は「Cを探せ」という回の前編後編という形になっており、後編にあたる8話目の「ダンシングヒーロー」でそれは起こりました。

男女のダンスペアを巡る友情・恋愛物語だったので、ストーリーの随所にダンスが絡んでくるのですが、何故か8話目では戦闘にまでダンスが絡んできました。

仮面ライダーですので、最後には怪人が現れて仮面ライダーがやっつけるわけですが……

仮面ライダーのダンスみたいにアクロバティックな戦闘シーンにテンションが上がったのか、何故かダンスが上手いだけの一般人が戦闘に乱入してきます。

仮面ライダー「キック!回転で回避!キック!」

ダンスの上手い一般人「俺たまんねぇ~!」

踊りながら怪人に飛びかかる一般人

仮面ライダー「俺たち今戦ってんだぞ!」

ダンスの上手い一般人「YES!」

YESの意味も分かりませんが、その後も2人で踊りながら怪人を倒すという謎のミュージカルが展開されます。

そこにいたのは、一般人の攻撃で普通にひるむ怪人。

踊っているだけで全然当たってない攻撃でも吹っ飛ぶ怪人。

それでいいのか、怪人よ……

謎戦闘すぎてアゴが外れるかと思いました。

ストーリーも若干の謎さが残る

このお話のストーリーを大雑把に説明すると、男女のダンスペアの仲が一時的に悪くなり、(本気だとは思っていなかったとはいえ)男が女の殺害をネットで依頼し、女が命を狙われたが結果的には仲直りして殺し屋怪人を倒すというストーリーなのですが……

一時的に仲が悪くなった理由は劇中で説明されており、その点は綺麗に回収されています。ですが、男が自分を結果的に殺そうとしたという事実を女が許した瞬間がどこだったのかは永遠に謎です。これは本当に謎です。最後まで謎です。

謎戦闘がなければ特撮モノの1話1話の細かいストーリーにそこまで突っ込むことも無かったと思うんですけど、この回はストーリー含めても謎さの強い回でした。今のところ個人的仮面ライダーW史上最謎回です。

でも面白かった

というわけで仮面ライダーW第8話は個人的には超謎回だったわけですが、それでも面白かったです。全体的に真面目すぎない空気があるので、多少変なことが起きても「変なことが起きてるなあ」という感じでその変さ具合を笑えました。

まだ完走していませんが、仮面ライダーWは本当に1つのエンタメ作品として面白いと思います。評判も良いのできっと最後まで面白いままだと期待しています。特撮好きでない方も是非!